詐欺師と呼ばれてもしょうがないと思う人:情報商材についての考察B FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

詐欺師と呼ばれてもしょうがないと思う人:情報商材についての考察B

※アギトは恥ずかしながら今までネット詐欺まがいな経験を2度ならず3度経験しています。学習能力のない、また安易に人を信用してしまった自分には本当に落胆しています。一方、こうした詐欺まがいな、あるいは非道徳的な行為を許してしまっては断じていけないとも思っていますので、アギト自身が「この人間は天罰がくだったほうがいいな」と思うような情報起業家についてはどんどん記事にしたいと思っています。生ぬるいことなんか言ってもしょうがないほど自浄能力ない世界だとも思いますから、この情報販売の世界って。この記事もその一環です。


アギトは2006年12月に「FX常勝バイブル」という大橋ひかるさんの情報商材を購入し、指示通りのポジション取りをした結果、2007年7月に約260万の損失を出す結果となりました。


当の大橋ひかるさんは、自身の商材内容を真っ向から否定するかのようにそれ以前に平均値を下げることですでにポジションを決済していました。マニュアル購入者は塩漬けを継続させ、自身は早々とポジションを整理していたわけです。マニュアル内では当初、勝率100%、ロスカットは一切しないと言っていましたし、それが商材の最大のセールスポイントでもあったはずです。その内容は、大橋ひかるさん自身の手で完全に否定されたわけです。


これって大ごと思いませんか?商材内容が結果的には虚偽であることを自身の手で証明したんですよ?


その後も彼はマニュアル購入者には謝罪をすることもなく、購入者からの問い合わせに対しては「こちらに落ち度はない」「法的には当方には一切問題ない」「弁護士とも確認している」などと自己弁護を図るばかり。


パートナーメールという、売買参考指示を出しているMTブログがあるのですが、そこに記載された彼の文章からは、購入者に対して申し訳ないことをしたという感情が微塵も伝わってきませんでした。あるのは自分を守ろう、自分の利益を守ろうとする腹黒いものばかりだったように感じます。


大橋さんの指示に従い(投資はあくまでも自己責任ですがね)、何十万、何百万、あるいはそれ以上の大金をなくされた方が実際に大勢いるわけです。


彼はそのことを真剣に考えたことがあるんでしょうか?
何が「質素なお金もち」ですか?
笑わせないでくださいよ、って感じです。
アギトが怒りを感じるのは、やはり状況が悪化した後の彼の対応です。そこに尽きます。本性が否応なしに現れてます。


残念ながら情報起業家の中には、大橋ひかるさんのような方が大勢います。大勢です。大半と言ってもいいと思います。


しかし、この大橋ひかるさんほど、その後の態度も含めてどうしようもないな、と思う人はいません。かなり根本的な人間の性質として悪質なものを感じます。






posted by アギト at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | FXの情報商材についての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!なるほどですね。
商材など一度も購入も関与もしたことないです。
(その財、数万を数枚のNZDロングしたい!^^)
BUT、あの方がHPでビデオしていたのは、
よく何度も観ましたよ。その部屋や家族の顔などもよく観察しました。

だいたい、居室などに教養ある品が見受けられませんでしたよ。ビデオだからかしら(^^)。
「死にガオ」でしたね?目が三白眼でもあり、典型的な詐欺師向きの方のように見受けました。
ひどい目にも会われたでしょう?天罰は何処かで、更にありましょうヤ!

FXは自助努力で、いくらで殖やせますから、
飽きずに 「ぼちぼち」とタイミングで、
 勝ち逃げを トキタマする 欲でイインでは?

(とくに、財あるかたは、よくカカナケレバ・・・)

では、失礼します。21:03分
Posted by くにSUN at 2008年02月15日 21:04
今日(金曜日)も夜は激戦模様ですね?
下げの赤足線が目立ち始めました。
この先の、ダウがどうなるかで、激変、激動を期待しますが・・・。(ショート自在派なので^^)。
 ドル円 107.72
ユーロ円 158.21
ポンド円 211.41だいぶ下げ戻りましたね。
21:08分
Posted by くにSUN at 2008年02月15日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10700175

この記事へのトラックバック