損切りをしないことは自殺行為である:FX取引での失敗談C FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

損切りをしないことは自殺行為である:FX取引での失敗談C

アギトが、本格的にリアルトレードを始めたのは2007年も半ばを過ぎたころだったと思います。

柳園さんという情報起業家の商材「FX完全攻略!超短期トレード!(動画付き)」とう情報商材を購入したことがきっかけでした。

デイトレードやスキャルピングをメインにした商材でしたが、特にスキャルピングの手法が簡単で利益を出しやすかったため当初はスキャルピングのみでハイレバレッジのトレードを繰り返していました。

トレードを始めたばかりの頃は、その都度損切りを設定していたのですが、それではやはり結果が出なかったんです。それで、いつしか損切りを基本的には設定せず、ナンピンを繰り返して値が戻るのを待つという今考えると非常に危険極まりない手法へと変化してしまっていました・・・

しかし、実は最初は運良くレンジ相場であったためその手法でもうまく利益を出せたんです。むしろ、安値で変えるor高値で売れるため、利益は増大していました。1か月で資金は5割程度増えていました。月利50%なんて、今の自分には考えられません><

というわけで、かなり調子に乗って「大丈夫だ。今はレンジ早晩なんだからいずれ戻るのさ」という悪魔の洗脳状態でトレードを続けていたのですが・・・

そんなに相場は甘くありません。

ちょうどEUR/USD(FXAでスプレッド2pipsとスキャルにはうってつけ)のショートポジションを持っていたのですが、徐々に上昇トレンドの兆しが見えていたにも関わらず、しかもそれを自覚していたにも関わらず、含み損を決済してしまうのがもったいなくて、損切りをできないでいたところ・・・ほんの数分の間に100pips以上も上昇したんです・・・EUR/USDには珍しく、かなり動きました。あの値動きは自分には悪夢に思えました。

「ま、まずい・・・」

「な、何だよコレ・・・」


時すでに遅し。

約1か月で積み上げた利益は、ほんの数分であっけなく消えて行きました。


その後何度か、この柳園さんのスキャルピングの手法にトライしましたが、どうしてもレンジ相場とトレンド相場の見極めがうまくいかず、勝つ時は本当に簡単に勝てるものの、1度の判断ミスで大きく損失を出してしまうという結果になってしまい、挫折してしまいまいた。


実はこのスキャルピングでの経験はすぐにはすぐには実を結ばず、その後2度同じような経験をし、さらに別記事にある大橋ひかるさんの商材でのエピソードを経てようやく今は損切りの重要性を理解し実践できるようになりました。

大きな時間足の確認を行い、さらにトレンドラインの確認、
サポートライン、レジスタンスラインの確認をすれば、おのずと自分が取ろうとしているポジションの損切りラインは設定できるはずです。

未だに損切りはうまくないのですが、それでも全く損切りをしないor出来ない人に比べればましです。なんせ、損切り出来ない人は即死のリスクを常に抱えているわけですから。ドラクエで言ったらザキやザラキに耐性がない状態、ファイナルファンタジーで言ったら死の宣告を常にかけられているような状態だと思います( ̄_ ̄|||)
posted by アギト at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(3) | FX取引での失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10768182

この記事へのトラックバック

損切りって最高だと思いませんか!
Excerpt: 元気にしてますか?本日も行ってみましょう!目からウロコの損切り情報です。損切りっ...
Weblog: 損切りのおいしい情報教えます!FX必勝法
Tracked: 2008-03-12 20:08

最近損切りってよく聞く言葉ですよね
Excerpt: 今日も元気にブログ更新しますよ。本日の更新もお楽しみに!いや、損切りに関するもの...
Weblog: 損切りのおいしい情報教えます!FX必勝法
Tracked: 2008-03-30 20:56

FX口座開設比較
Excerpt: FXを取引を行うためのお得な情報満載で貴方に適切な口座開設先が見つかります。
Weblog: FX口座開設比較
Tracked: 2010-03-23 07:00