ポジション取りたい病:FX取引での失敗談D FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

ポジション取りたい病:FX取引での失敗談D

ある程度トレード経験を積み、勝ちも負けも経験し、その上でたまたま利益の出しやすい相場で連戦連勝などした後・・・


まるで自分のトレード技術が著しく向上したかのような錯覚に陥ることがあります。


そしてどちらに動くのかはっきりしないようなポイントでポジションを取ってしまう・・・もう、何度もやりました。そして、未だにこの病気は治りません(__|||)


ちょうどこの記事を書いている今、まさにこの瞬間もこの病と闘っています^^;


なぜこの病に侵されるのか?
やはりまだまだ自分のルールが確固たるものではないから、というのが一因としてあると思います。
勝ちパターンが形成され、確立されていれば、無理なポジション取りは控えるでしょうし、そのこと自体が体に染みついているはずです。


今はまだ、これでも勝てるかも?という根拠のないトレードをしているのだと思います。

posted by アギト at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引での失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10778575

この記事へのトラックバック