猿張り投資の石田信一さんのある日のメール:アギトの独り言A FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

猿張り投資の石田信一さんのある日のメール:アギトの独り言A

このカテゴリでは、アギトが日々感じていることや考えたことなんかをとりとめもなく自分のメモのように書いてます。

今回の内容もその範疇を越えません。
皆さんどう思われるかはわかりませんが、今のアギトにはちょっと有意義だと感じられたメールがあったので記しておきます。

猿張りFXアドバンスという情報商材を販売していた石田信一さんという方をご存じでしょうか?

アギトはその商材は購入していませんが、石田さんの無料レポートは読んだことがあります。その後、たまーにフォローメールみたいな、あるいは売り込みメールみたいな感じでメールが届くんですが、今日のメールの内容がいまの自分に響くものがあったんです。ちょっとその内容を抜粋してみます。


以下


 今回のテーマは、これから


 「勝ち続けるトレードスタイルを確立しよう!」


 と考えている方にとっては“必見”の内容になっております。


 ズバリ!


 「トレードスタイル確立の順序」


 についてお話します。

 なぜこのようなテーマが「重要」なのか、最初にお話しましょう。

 裁量トレードを含め、システムトレードもそうなのですが


 「巷で大騒ぎされているほど、本当に儲かっているトレーダーは
  多くありません。」


 一時的に収益が上がったトレーダーはいても、


 「長期間継続して利益を上げ続ける」


 という基準で見た場合、これに該当する方は極僅かです。

 それでなくても少ないのに、その僅かな勝ち組トレーダーが、わざ
 わざ他のトレーダーのために「成功法則を伝授しよう!」と考える
 と思いますか?

 そこまで余裕のあるトレーダーは、実際には皆無に近いのです。

 さらに、その皆無に近い勝ち組トレーダーの中でも、自分が継続して
 勝ち続けるようになったトレードスタイル確立のプロセスを整理でき
 ている方は、ほんの一握りです。

 自分がそうだったのでわかるのですが、多くの時間と資産をすり減ら
 し、あらゆるアプローチを数多く試して、勝ち続けるトレードスタイ
 ルを確立していくと


 「自分が今までやってきた複数のアプローチの中で、どの行動が良く
  て、トレーダーとして1段上のステップに上がる事が出来たのか」


 意外にわからないものなのです。

 ですから、自分の中で「当たり前」になっている成功法則が、


 「これからトレードスタイルを確立しよう!」


 と考えているトレーダーにとって「当たり前」でないために、簡単に
 第3者へ「成功法則」を伝えることは難しいものなのです。

 ですから、トレードスタイルの確立を加速させる概念は「重要」である
 ということになるわけです。

 そのような部分を踏まえて、今回のメールマガジンを読んでみてください。

 これからトレードスタイルを確立しようと考えている方にとって、必ず
 役に立つお話です^^



 □トレードスタイル確立の順序


 一般的な考えとして「損小利大」を実践する事が、一定スパンで勝利し
 続けることの絶対的な法則と言われています。


 これは事実です。


 しかし、経験がある方は解ると思うのですが、頭ではわかっていても
 そう簡単に実行できるものではありませんよね。


 損をする時は「できるだけ小さく」、

 利益を得るときには「できるだけ大きく」


 わかっていても、人間の本能がそれを邪魔します。


 人間は、


 「早く利益がほしい」


 と考え、目先の利益に飛びつき、利食い額が小さくなり、


 「いつまでも損をしたくない」


 と考える為に損切りが遅くなり、損失が拡大していきます。


 つまり、本能的に「損大利小」を実践してしまうということです。


 このようなジレンマを制御して、これを実践に落とし込み、「実行」が
 できるようになるためには


 「実行する為の順序」


 を定めると良いのです。

 私の経験上、そして「勝ち続けるトレードスタイルを確立したトレーダー」
 の意見を集約し、成功までのプロセスを分析すると、


 「損小利大の、「利大」よりも「損小」の方が早く実行できるようになる」


 というデータがあります。

 つまり、


 「とりあえず、早く損切りすることはできるようになりました!でも、
  利益が出ているのを見ると、早く利食いをしたくなってしまう・・・。」


 ということです。

 面白いデータだと思いませんか?

 このデータからわかることは、損小利大を実践できるようになるために
 まずは


 「損小をマスターすれば良い」


 ということです。

 いきなり「損小利大」を実践できれば勿論それが一番良いことなのですが、
 出来ないのであれば一時的に


 「損小利小」


 の時期を設ければよい!ということです。

 これをやることにより、


 「損が小さくなり、利益は小さいがトータルで大負けしなくなる」


 という段階が生まれます。

 今まで通り、好きなときに利食いを行っても良いわけですから、気持ちが
 楽になりますね。

 すると、


 「自分はまだ大きく勝つことは出来ないが、大負けもしなくなったぞ!」


 という


 「トレードに対する自信」


 がストレスを和らげ、心に余裕が生まれます。

 そして、この余裕が何れ


 「大負けしていないのだから、利食いを少し我慢して利益を伸ばしてみよう!」


 という考え方を助けるようになり、最終的に「損小利大」を実行できるように
 なることに繋がります。


 まとめると、トレードで勝ち続けるスタイルを確立するための順序は


 1)「損小」をマスターする!(とにかく損切りを早くする)

 2)マスターしたら一時的に「損小利小」の時期を設け、好きなときに
  利食いをすればよい!

 3)次に少しずつ「利大」をマスターする!

 4)最終的には「損小利大!」


 という順序になります。


 あなたが、今後トレードスタイルを確立していく過程において、
 この概念を意識しておくことは、


 「トレードスタイルの確立を加速させます!」


 ぜひ、覚えておいてくださいね。




以上


アギトは正に今、「損小利小」の時期にあるような気がします。
(つい最近ポカトレードをしましたが・・・)

石田さんの話によると、この「損小利小」の時期を乗り越え、精神的な余裕が出来る頃に、「損小利大」への道が開けるわけですね。

だとしたら、アギトはもう少しなのか?そうなのか??
いや・・・そんな感じはしない・・・でもないか・・・

結局どっちなのかは今はわかりませんが、
大負けしにくくなったことは事実かも知れませんし、
それが勝てるトレーダーになるための行程と信じて今はトレードするのみです。

あれこれ考えても、知識をいくら蓄えても、実戦を積まなければ結果は出ないでしょう。仕事をしているのでチャートを見れる時間は限られていますが、大きく値が動く時間帯にはPCの前にいれることも多いですから、これからもどんどん経験を積んでいきたいです。

posted by アギト at 00:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | アギトの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足跡:参考になりました。ありがとう!18:54分
Posted by くにSUN at 2008年02月16日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10824027

この記事へのトラックバック