FX専業トレーダー:アギトの独り言G FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

FX専業トレーダー:アギトの独り言G

FX専業トレーダーの方って、よく「孤独」だとか「社会と隔絶している」とか、「相場で生計を立てているわけだからプレッシャーがかかる」など・・・そういった否定的な言葉で表現されることがあるかと思うのですが、確かにそういった側面がある一方、それぞれ真実ではないとも思います。


彼らは当然リスクヘッジという言葉を知っているでしょうから、専業トレーダーとはいっても資金・資産をすべてFXに傾けているわけではないでしょう。安定的な不労所得を別な形で手にしている可能性もあるでしょう。


相場で勝てる術を完全に身につけたといえる人には、お金の呪縛から解放された感覚があるはずです。それは恐らく普通に働いている人には一生味わうことのできないものでしょうね。


自分の今の仕事・・・医者は確かに一般的なサラリーマンに比べれば給料は良いと思います。しかしそれは、皆さんが想像する以上に長時間の労働と、苛酷なストレスやプレッシャーの上に成り立つもので、医者としての能力や技術に値するものが金額として表現されているとは到底思えません。これは自分が仕事に対してプライドを持っているということも事実である反面、ただのエゴとも取られることは承知しています。


勤務医の給料はどんなにキャリアがあっても年収で1000万〜1500万。例えば、プロ野球選手のドラフト1位指名されるような選手の1年目の年収とおおよそ同額ですね。正直、まったく納得いきません。理解不能です。そんなもんですか、医者の価値って?ちょっと売れているお笑い芸人・・・僕らよりもはるかに稼いでますよね。まったく納得いきません。僕らはもっと大きな意味のある仕事をしている思いたい。それを表現できるのは、資本主義社会ならば「お金」であるのは当然であるはず。


こんな事を言うと批判を浴びるのは当然でしょうが、正直なところこのように考えてしまうこともあるんですよ。


相当なプレッシャーがかかります。人の命がかかってますから。ひとつの判断ミスが、その人の人生に大きな影響を与える。時間はもどってはくれない・・・


僕はいつかは医者はやめたいと思っています。あまりに重責が大きすぎる。そして、現在の労働環境ではその重責をシェアすることが出来ない。人の命を預かるという責任の重大さは医師としての研鑽を積めば積むほど感じられるようになってきました。また、正義感や充実感を、はるかに上回る過酷な労働環境に、自分がいつまでも身を置くのは不本意だとどうしても思ってしまうんです。


素晴らしい仕事だとは思います。
人の命を救える可能性がある。
でも、時としてそう思うことは単なる自己満足である場合もあります。
虚無感が強くなり、愕然とするときもあります。
現実としては、それを乗り越えて仕事をしなければ生活できないのですが。


こんなことを考えたりするんです・・・



もし、本当にその仕事が好きだと言うなら、その仕事を心底続けたいと思うのなら、あなたにこう尋ねます。

「その仕事、たとえ給料ゼロでもやりますか?」



答えが「Yes」なら、それは本当にその仕事がすきだということでしょう。


もし答えが「No」なら、それは本質的には単なる偽善ということにもなるでしょうね。



仕事が好きだなんて、簡単に言わないでください。


「お金じゃない」なんて綺麗ごと、そんな空々しい言葉は聞きたくありません。





posted by アギト at 00:31 | Comment(3) | TrackBack(1) | アギトの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログ、以前に見たようで?なぜか^^、
気になるんです。
最近、こちらのブログをよく拝見して、参照していますが・・・
他のトレード・チャレンジの迷いとか、判りませんが・・・

私の叔父も『優秀な小児科医』です。もう老年。
長崎市の草野です。とても尊敬しています。
トレードとか、株とかしてはシテイナイでしょう?その確認の会話はこの40年間したこともないので、その人生の裏話は知りません^^。
この話しを書いてしまったのですが・・・これはヨケイな話で^^、『尊敬を受ける』ことがALLではないかしら?人生的には。

ゼロはありませんよね?比較として!
普通の(公共料金、税、タマニの娯楽など)生活レベル金は、要ります。

それで、体と精神(家庭〜)のバランスある為の
労働時間を当然にとりながらの、
その対価としての適切報酬が上記レバレを基準くらいとするというので、あれば、

残りは『尊敬されつつ、仕事(役)をする』だけでしょう!医者であれ、なんであれ!

その適切範囲の『欲ボケ』願望が、資格ある方々ほど多いと想うのは、一人でしょうか?

なにを持つて、その願望は勝手であるとしているのでしょう?(医者になるのに、元手(下積みも含め)がかかっているので、今日時点の受けは多くあるのは当然と解しているかたが、普通でしょうか?)
時間を多く、労した場合や、困難の技術的な度合いなどが勘案されるのは、当然です。

その公平な適切間の報酬格差があるのは勿論ですが・・・それ以上を望むことから、『尊敬』は薄くなり始めるのではないでしょうか?

まあ、むずかしいことは、判りませんが(^^)

FXはその最終目的をこの資本自由社会で大いに活かす為の手段のマネーとして、大いに得たいものですねえ(^=^)

長くなりましたが・・・どんな職域であろうと
労働拘束時間が長過ぎるのは、人生タイムとして不適切なことでしょう!
(このイコールの時間と報酬希望との調整を強烈な意思で、取り組もうとする事で、いかなる(たとえ開業しようが・・・)状況でも『欲ボケ』とならない最良策なんでは、ないでしょうか?

読み返しませんですみません、UPします。
20:43分

そのーーー『欲ぼけの日本人』の典型、素直すぎるくらいの告白ではないかしら?


Posted by くにSUN at 2008年03月09日 20:46
こんにちは。「新・自分探しブログ」の管理人のシンです。私は現在「情報企業家」として生活しております。去年の暮れから始めてやっと500万貯まりました。即金で300万は用意出来るのですが…今は情報起業ではなく、FXや株に興味があります。ど素人なので最初はいくらぐらいから始めたら良いのでしょうか…出来ればアドバイス頂ければ幸いです。
ランキングにも協力させて頂きまね。

私のブログへも来てくれたら嬉しく思います。

http://japan11921024.blog66.fc2.com/

内容はネットビジネス、鬱病、禁パチ、ヤクザさんとの修羅場体験、恋愛商法体験、架空請求体験など、過去の話や日常を記事にしております。
良かったら覗いて下さいね。ランキングも応援して頂けたら嬉しく思います。後、恐縮なのですが…相互リンクもお願い出来ませんでしょうか?

突然のコメントで申し訳ありませんでした。
それでは失礼致しますm(__)m
Posted by シン at 2008年03月10日 17:55
ぼくの仕事は、システムを作成することです。この仕事を好んでやったわけではありませんが、行きがかり上、始めたものです。マイコンの黎明期からいまに至るまでずっとプログラムを作り続けてきました。最先端といえど、まさに電子奴隷に近い存在で給料は安いです。

お金に対する欲望は無いわけでありませんが、大変良い意見を述べられていると思います。どうしてこれだけ高度なことをやって、時間に対する対価だけしかもらえないのかと疑問に思ったことは何度もあります。

これが世の中の仕組みと言えばそうなのか、とも思ったこともありましたが、やはり違います。そういう人間に対して、対価が支払われなければならない時代がまさにこれからではないでしょうか。

お医者様の仕事ももまさにリスクと危険との綱渡り・・・ですね。ぼくはシステムのプロですので、これからはこの世界ものぞいてみようとあちこちのブログを見ていて、目にとまりました。きっと望む人には望む世界と、舞台が用意されるのですね。がんばってください、今後参考にさせてもらいます。
Posted by ysz at 2009年06月04日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11395584

この記事へのトラックバック

ほくほくFXレビュー
Excerpt: ほくほくFX [評価は5段階評価で最高5つ星をつけています。] ほくほくFX評価...
Weblog: アイのFX情報商材レビュー
Tracked: 2009-06-08 16:41