円高の悲劇「スワップ運用口座は瀕死状態」:スワップトレード口座状況B FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

円高の悲劇「スワップ運用口座は瀕死状態」:スワップトレード口座状況B

前回、スワップトレード口座状況を記事にしたのが
2008年2月13日ですので、約1ヶ月前ですね。


保有ポジションは今も全く変わっていません。


○2007/08/11 USD/JPY 0.1ロット B 118.51
○2007/09/10 USD/JPY 0.1ロット B 112.73
○2008/01/25 ZAR/JPY 0.5ロット B 15.36


このままです。


資金状況は、と言いますと、今回の円高トレンドの
影響でだいぶヤバイことになってます(_ _;)



元々原資50万で開始したこのスワップ用口座でしたが、
「通貨分散」「時間分散」の原則を見事に違反した
ポジション取りにより、ロスカットに引っかかる状況と
なってしまったため、途中で2008年3月2日に30万の資金補充を
行ないました。もし、資金補充できない状況にあったならば、
完全にここで相場からの撤退です・・・


資金は現時点では871,035円。
含み損は・・・


475400円!!


証拠金有効残高は395,635円です・・・


まずい状況がさらに進行していますね。
ただ、ここで日和って損切りはしませんよ。
必要なら資金補充をします。


ドル円80円、ランド円10円まで想定して、
尚且つその状況で資金が50%切らないように資金補充すると
するならば・・・資金は200万ほど必要になりますね(_ _;)


裁量トレードとスワップトレードはルールが別です。
裁量で損切りしないのは論外ですが、
スワップトレードで損切りしないのは、それはそれで資金管理が
なされているならば「あり」とも思います。


また、スワップトレードでのチャート分析も意味合いが
異なるでしょう。基本的にスワップはファンダメンタルも
重要かと思います。


円がそんなに魅力的な通貨とも思えません。
ドルがこれだけ急激に下がるのなら、反発も大きなものになるでしょう。
ランド円に至ってはいずれ爆上げを期待してたりします。


いいんです。時間が許すので。
スワップはほったらかしです。
その通貨自体が消失しない限り、スワップが逆転しない限り、
その方針は変わりません。


でないと、スワップ運用なんて出来ないでしょ?
ちょっと投げやり気分でもなくはないですが、
正直さっさと反転して欲しいですけどね・・・(_ _;)


posted by アギト at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップトレード口座状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12563726

この記事へのトラックバック