ジェイエヌエス行政処分に思う:FX会社情報C FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

ジェイエヌエス行政処分に思う:FX会社情報C

4月25日(金曜日)、


「証券取引等監視員会が株式会社ジェイ・エヌ・エスに
行政処分を行うよう金融庁に勧告」


というニュースが大きく報じられました。


今回の内容は、以下にあげるようにかなり悪質な
法令違反行為が認められ、行政処分として最も重いとされる
業者登録の取り消しの可能性も十分にある得るというのが
大方の見方のようです。


★確認された法令違反行為


@不正の手段により金融先物取引業者の登録を受けた行為
A取引一任勘定取引の契約を締結する行為
B委託証拠金等を不正の手段により取得する行為
C外国為替証拠金取引について生じた顧客の損失の全部を
補てんするため当該顧客に対し財産上の利益を提供する行為
D虚偽の自己資本規制比率を届け出る行為及び虚偽の数値を
記載した事業報告書を提出する行為
E業務に関する帳簿書類に不実の内容を記載する行為
F顧客から預託を受けた保証金等(委託証拠金等)を
自己の固有財産と区分して管理していない状況
G自己資本規制比率が120パーセントを下回る状況


 ↑
まあ、出るわ出るわ・・・といった感じですね。
これでは何を信じていいのか本当に疑心暗鬼になります。


ここまでの流れとしては、


○平成13年に一顧客の税金逃れのために、
虚偽の取引履歴により海外居住者用口座に資金を移動し、
法律で禁止されている取引一任勘定取引契約を行なった。


○さらに、ジェイエヌエス役員がその口座の資金を運用に失敗し、全額消失した。


○ジェイエヌエスへの損失も発生し、その損失を他の顧客の口座に付け替え、今年1月時点で一般顧客口座にジェイエヌエスの損失分約3億円がある状態になってる。


ということがニュースサイトにて報じられています。


しかし・・・


ジェイエヌエスって、ホントに普通に知ってましたよ。
勝手に老舗・大手のイメージを抱いてました。


以前報道されたアルファFXやFX札幌なんかは、
「そんな会社あったんだー」
ぐらいの印象だったんですが、
こともあろうにジェイエヌエスでこのような事態が
起きようとは・・・


個人的にはかなり驚愕です。


アギトが一応一つの目安として重視している、
「自己資本規制比率」についても、
今回のように改竄されていたのでは、
真っ当な評価すら出来ません。


結局個人投資家が、会社の本質まで見極めることは、
不可能に近いのかもしれませんが、
やはり今回の件で、「口座の分散」も
重要なリスク管理の一つだ、と改めて強く認識しました。


さらに、自己資本規制比率については、
200%台の会社は注意が必要なのかもしれない、
と今は思っています。


少し上乗せして体裁整えておこうよ・・・
なんていうことを考える会社が他にないとも言えません。


もちろん、120%を切るような状況にも関わらず、
堂々と400%だの500%だのという数字を出してくる悪徳業者には
この考えは通じませんが・・・


僕自身も少し自身の口座状況と、
開設している会社を見直してみたいと思います。


FX業界って、


恐いですね。


イメージ悪いですよね、明らかに。


posted by アギト at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(2) | FX会社情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14531368

この記事へのトラックバック

初心者でも始められるFX
Excerpt: FX口座開設を徹底検証! 人気ランキングあり
Weblog: FX口座開設徹底比較
Tracked: 2010-02-28 18:36

FX口座開設比較
Excerpt: FXを取引を行うためのお得な情報満載で貴方に適切な口座開設先が見つかります。
Weblog: FX口座開設比較
Tracked: 2010-03-03 21:50