香川式FX投資大学は自分には意味なし:裁量トレード口座状況I FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

香川式FX投資大学は自分には意味なし:裁量トレード口座状況I

裁量トレードで失敗し、失意の中、タイトルにある教材を
お試しで注文してみたんですが・・・


自分には全く必要のないものでした。


相場で何十年も生きてこられた方のDVDなら、
何か得られるものがあるのでは!?という期待を抱いて
いたのですが、正直、ただの雑談DVDでした。


テクニカルに関するお話はほとんどなし!!
3巻全部見ましたが、結局実際トレードするには彼のレポートを
購読しなければ、結果を残せないような内容です。
裁量トレードにおいて得られるものは、ほぼ皆無でしたね。
どう客観的に評価しても、話に具体性がなさすぎです。
これでは再現性に乏しい。
正にレポート購読につなげるために、とってつけたような
内容という印象でした。


このDVDに1巻34000円もの値段をつける感覚が信じられません。
レポート継続購読を解約すればこれらのDVDは実質無料とはいえ、
このような問題は情報商品に共通した問題点だと思います。


当然、即刻解約手続きですね。
ちょっと期待していただけにがっかりです。
このような商品に期待するのが間違っているのでしょう。
改めてそう感じました。





さてさて本題の裁量トレード口座状況。


前回記事での残高は68万


6/3現在、77万に増えました。


ですが、運良くロット数を多めに張ったときにプラスに
なっているだけで、トータルpipsは大したことありません。
何の進歩もないな・・・という感じです。


本来、この元本でロット数(FXA証券なので0.1ロットが1万通貨)を多めに張った(たとえば0.5ロットとか・・・30pips逆行しただけで15000円となり、損切り2%ルールに引っかかります)時点でリスク管理としては失敗してる、あるいはリスクとり過ぎ、なんですよね。


こんなトレードじゃあ、また大きく減るような気がします。


奥さんの歯科矯正のお金を捻出するためにも、
FXで必ず成功しないといけません・・・


そんな日が、いつか来ることを願ってます・・・

posted by アギト at 02:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 裁量トレード口座状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもphantomcatです。

例の大橋ひかるは捕まるようですね。今日、新聞にも出てました。商材を一つも買った事がないので、本当の所はわかりませんが、私は商材に価値があるものは一つも無いと思っています。極論を言ってしまえば、相場で本当に勝てているのなら、商材を販売する意味がないからです。たしかに、なにかヒントになれば・・・などと思う時もあるのですが、それは他人の感覚や経験であって、自身に身につく物ではないと思います。

私は、商材やシストレに頼った時点で自分に負けたと思っています。メンタルで負けから入っているのに相場で勝てるはずはないと思っています。
だから、もし私がそいった類の物を買ってしまった時は、私は退場するつもりです。

まぁ、私の勝手な考えであって、全ての人に対して同じ事を言える訳ではないと思います。ツールとして、情報として利用するのであれば、有益な物もあるのかもしれませんしね。
Posted by phantomcat at 2008年06月04日 12:00
phantomcatさん、コメントありがとうございます。

なかなかストイックな考えですね。

僕は最近でこそあまり商材は買わなくなりましたが、以前は商材に依存していた時期がありましたね。

これがダメなら、次はコレ・・・
という具合に。

中には非常に有益な情報もありますよ。
でも、やはり人それぞれスタイルというものがあり・・・自分の投資スタイルへの何からのヒント・手助けになりうる情報が得られる可能性があるもの、という認識でいます。

もちろん、「なんだよこれ」っていうものも多いのは事実ですが。

少なくとも買うだけで儲かるようなものはありませんよね、当然ですが。


そうそう、大橋ひかるの件は、動画ニュースサイトでも見ました。脱税での告発のようですが、ここから波紋が広がるでしょう。「幸せWin」という会社名が虚しいですね、今となっては。
Posted by アギト at 2008年06月05日 05:01
「ネットビジネス界・FX界を震撼させた伝説の取引手法!」

http://fxjoushou90.seesaa.net/
Posted by これだっ! at 2008年06月08日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15671793

この記事へのトラックバック