豪ドル円と「新型うつ病」:日々のトレード結果K FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

豪ドル円と「新型うつ病」:日々のトレード結果K

どうも、アギトです。


「新型うつ病」なる言葉がネットニュースでちらほら出てましたが、ちょっと自分にも当てはまる部分があるのかな??なんて思ったりしてます^^;


ニュースサイトからの記事を拝借させていただくと・・・



「新型うつ病」なるものが蔓延しているのだという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」、なぜ増えているのだろうか。

■自分を責めるのではなく、身近な人間を攻撃

 精神科医の香山リカさんは、著書「うつ病が日本を滅ぼす!? 」(2008年5月20日刊)にこんなことを書いている。

  「本当にこれが『うつ病?』と自分で書いたはずの診断書を改めて見返してしまう」

 これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。しかし、07 年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚にかける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。

 朝日新聞の08年5月17日付けには、精神科クリニックが患者でパンク状態になっているのは「新型うつ病」患者が急増したからではないか、と書かれている。「新型」は20〜30代に目立ち、都内のあるクリニックでは患者の4割前後を占めるのだという。

 厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。

■昔から別の病名として扱われていた?

 こうした状況を、一体どう考えたら良いのか。「うつ病の真実」「専門医が教えるうつ病」などの著書がある防衛医科大学校病院副院長で、「日本うつ病学会」理事長の野村総一郎さんに聞いた。それによると、うつ病は症状や病気になる過程によって「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「気分変調症」「非定型うつ病」の大きく4つに分類され、「新型」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型うつ病」に当たるのだという。そして、実はこうなんだそうだ。

  「新型と呼ばれているようですが、それは、うつ病という診断はしてこなかっただけで、昔から別の病名として扱われていたんです。患者数は増えてはいますが、実態としてはここ数年で急に増えた、ということでもないんです」

 うつ病と診断する基準は各国まちまちで、現在は米国精神医学会の診断マニュアル「DSM」を参考にするのが世界の趨勢なのだという。各国の医療関係者がこれを参考にし始めたのは、80年に画期的な変貌を遂げた第三版から。94年改定の第四版もほぼ同じ内容になっている。日本では「DSM」を参考にする医師は少なく、「新型」と呼ばれる症状については、パーソナリティー障害、抑うつ神経症などと診断していたのだそうだ。

 それが数年前からようやく日本でも「DSM」を参考にする医師が増え、患者に伝わることによって、いきなり「新型」が大流行しているかのような錯覚をする人が増えたのではないか、と、野村さんは見ている。さらに、「DSM」は2011年に改定され第五版が出るが、「新型」と呼ばれているものが、うつ病として分類されるかのかもわからないのだという。




この記事に出てる「気分変調症」っていうのが、なんだか今の自分にはしっくりきますね。さすがに他人を攻撃はすることはありませんが^^;


いずれにせよ、僕の場合仕事のストレスが甚大で、影響が大きすぎるんですよね・・・個人レベルや各病院レベルでは解決できないほどの問題なんですよ、医師の労働環境って。





さてさて、個人的に最近は相場が息抜きになってますが、随分と動いてくれています。


豪ドル円なんてもう延々と下げてますよね。今日の午前中で94円台まで落ちてきてるし、日足でみると、次のサポートなんて92.7円辺りでしょうからまだまだ下げる気がします。


豪ドル円はスワップ狙いの通貨ペアとして人気が高いわけですが、スワップ狙いオンリーの方々は、今の状況は気が気でないかもしれませんね。


しかし、チャートを眺めると、まあ綺麗に「じわじわ上げてー」そして「ガツンと下げる」という動きを繰り返してますねー。


こうした波が見ていると、上述した「気分変調症」を連想してしまい、今の自分を見ているような気分にもなりました^^;


ですが、僕個人としては希望的観測として今後死ぬまで長期の上昇トレンドを形成していきたいと思います^^もちろん、その過程では上げては下げての波を作っていくでしょうが。


ちょっとサブタイトルから離れた話ばかりになってますが、今現在、ポンド円のショート、豪ドル円のショートなどで利が出てますね。


明らかに下げてくれてますから、儲けやすい相場です。
こうした相場は楽でいいですね。


8月12日がプラス250pips程度。
8月13日はプラス200pips程度。


あまり強欲にならずにヒット狙いのトレードでも、相場の動きが良いときはこうした大きな利幅が出ますね。


あとは今後も資金管理を徹底して、自分の感情に負けないことが重要ですね。


僕は何度も何度も同じ間違いを繰り返してます。
もう4、5回はしてるんじゃないかな??
おかげで資金を何度も何度も減らしてきました・・・


トレードは自分の欲・感情との戦いだと本気で思います。
恐らく、今の僕のような仕事でストレスを抱えながらのトレードも、本来あまり良い事ではないのだと思います。常にベストの精神状態で臨むべきものだと思いますから。


今は相場の環境がよく利益が出ているから良いですけども、そのうちまたレンジ相場に戻ります。そうした時に、次の動きを冷静に待てるかどうかが重要になってきます。


はああ、書いてたら疲れてきました^^;
今日はこの辺で。



posted by アギト at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17939231

この記事へのトラックバック