損切りレベルを厳格化したことで成績向上??:日々のトレード結果L FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

損切りレベルを厳格化したことで成績向上??:日々のトレード結果L

為替日記←情報商材レビューブログが多いですねー。アフィリ目的じゃなくて、実際の実践日記なんかのほうがよっぽど為になる情報なんですけどねー。

人気ブログランキング←羊飼いさんのブログで
日々のイベントチェックをしています「(ーヘー;)


※資金管理にはこちらが便利です→MoneyLook with Yahoo! JAPAN


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こんばんは。
先ほど北京オリンピックの野球観戦を終了。
日本が台湾を6-1で下しました。


4番の新井選手の不調が気にはなりますが、
まずは一勝、おめでとうございます♪
次のオランダ戦も期待してます!


オリンピックには感動をいただいております。
北島康介選手の精神力には脱帽です。
「有言実行」・・・まさに彼のためにある言葉ですね。


マラソンの野口選手の欠場は非常に残念ですが、
野口選手本人の無念さはわれわれには推し量れないものがあるでしょうね。4年間、このオリンピックの日のために費やしてきたわけですから・・・


さてさて、オリンピックの話題はこの辺にして・・・


最近のトレード成績です。


7月は少し自分のトレードを見直すことに時間を費やしました。
と同時に少しずつトレードも積み重ねていました。


成功も失敗もありのぼちぼちの成績だったんですが、
8月は出だしが非常に好調。


単に綺麗なトレンドが出た通貨ペアが多かっただけで、自分の実力が上がったわけではないのですが、ひとつ、以前と変えた部分があります。


それは損切りレベルの厳格化です。


以前は最大100pipsオーバーの損切りレベル設定としていたこともありました。ですので、相場が思惑から外れたときに、時々大きめのロスカットを食らうことがあったんです。それでも、利益が出る時は結構大きな利益も出ていたので、じわじわと残高は増えて行っていたのですが・・・


損切りのレベルが甘いと、相場の動きが思惑から外れた際に、何度かロスカットポイントを変更するという暴挙に及んでしまうことがあったのです・・・


そして・・・大きな損切り・・・
じわじわと増やした残高を一気に減少させるという悪い癖が出ることがありました。


そこで、現在は基本的には損切りは25〜50pips程度にとどめるようにしています。当然、損切りを厳しくするからには、エントリーポイントも厳格化する必要があり、以前よりもポジションをとる回数は明らかに減りましたね・・・


勝率は7割程度。
これは以前とそれほど変わっていませんね。


8月は相場が分かりやすい環境でもあることから、今のところ順調に利益が出ています。


8月 1日・・・+ 5.5pips
8月 4日・・・+ 59.3pips
8月 5日・・・+175.7pips
8月 6日・・・+147.7pips
8月 7日・・・− 99.9pips
8月 8日・・・+185.5pips
8月10日・・・− 49.2pips
8月11日・・・+127.7pips
8月12日・・・+597.3pips
8月13日・・・+403.1pips
8月14日・・・− 74.7pips



改めて計算したら、このような成績でした。
ここまででプラス1478pipsです。
ほとんど最小ロットで取引してますから、大した金額ではないですが、自分としては順調すぎる前半戦ですね。


ただ、やはり相場に張り付いていられる環境でないので、プラスに転じていたのにロスカットポイントを引き上げられずにマイナス決済となってしまうシーンが何度かあり、つらいところです。
この点は、今の環境ではどうしようもないところですかね・・・


まだまだエントリーに際しての考察が甘い、というか、勢いでポジションを取ってしまっている時もあるので、ここは今後の課題です。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんだかんだ言っても、ここの情報量は半端じゃないです。
初心者には役立つコンテンツが沢山ですし、
動画解説も分かりやすく至れりつくせりといった印象です。

 
posted by アギト at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17990507

この記事へのトラックバック