損切りを厳格化すると、一段レベルが上がります:FX取引での失敗談G FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

損切りを厳格化すると、一段レベルが上がります:FX取引での失敗談G

アギトがFXを始めてどのくらい経つのでしょうか?


大きなロスカットを何度と無く経験して、少しずつ経験値は
積みつつも、未だに安定した成績も芳しい成績も出せては
いないのですが・・・


ほんの少し以前よりも成長を実感できています。


今の自分自身のレベルは、
ようやく「初心者レベル」を越えたところだと思います。


相場で勝ち続けられる人が全体の数パーセントという事実、
そして、初心者レベルで終わってしまう人は、
ほとんどが相場から退場させられるという事実・・・


これらを踏まえると、
たかが「初心者レベル」を越えることであっても、
相当な意味のあることだと僕は思います。


何故自分で「初心者レベル」を越えることができたという実感を
持てたかと言えば、それは「損切り」を
徹底できるようになったことが要因だと思うのです。


それも、比較的タイトな損切りを徹底するようになってから、
自分のトレードに少し自信が持てるようになりました。


相場は絶対に自分の思うようには動いてくれません。
自分が相場の動きにあわせるしかないのです。


であれば、損切りを設定しないことは、
すなわち常時死の淵に立っていることと何ら変わりありません。


資金量なんて関係ありません。


個人レベルの資金量なんて、相場全体の流れからすれば、
カスみたいなものです。容易に飲み込まれます。


いくら利益が積み重なって資金が豊富になったとしても、
たった一度、損切りを入れなかったがために、
全資金を失う羽目になります。


人間は本能的に損失を被ることを嫌います。
これは避けようがありません。


ですが、損失を受け入れられない人は、
一撃で死亡する危険性があります。


損切りを入れる


たったこれだけのことを厳格に守るだけで、
絶対にトレードのレベルが上がります。


何度も何度も同じミスを繰り返し、
このことが正に体に染み込みました・・・


損切りを入れると確かに
「損切り貧乏」という言葉があるように、
損切りばかりに引っかかるようになります。


しかし、
そうであれば何故そのトレードが損切りに引っかかったのか?
それを考えればよいわけです。


そして、試行錯誤を繰り返していく中で、
利益を出せる可能性の高いエントリーポイントを
自分で見つけ出せるようになるのではないでしょうか?


相場が個人個人の思惑の集合体だとするならば、
相場もまた一つの意思を持った生き物のように
思えてきます。


「相場の気持ちを考える」


そんな感覚が芽生え始めてきました。


システムトレードやテクニカルだけで完全に推し量れるものでは
ないでしょう。


だからこそ、面白いのかもしれません。


誰でも勝てるようなゲームは、
誰も面白くありませんし、
やる意味も希薄です。


FX情報商材に頼りきりになっている人には、
是非一度考えてみていただきたい事です。
(アギト自信の自戒と反省の念を込めて書きました)
posted by アギト at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引での失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18536434

この記事へのトラックバック