逆指値使ってますか?レンジブレイクでの対処法:アギトの手法D FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

逆指値使ってますか?レンジブレイクでの対処法:アギトの手法D

ども、今週も今日で最後ですね。
10月24日の金曜日、今日も相場は大きく動きました・・・


ドル円が95円を割り込み、
その他クロス円も軒並み下げて行きました。


僕は日中は仕事の関係上、
もちろん相場に張り付いていることが出来ません。


こうした東京時間に大きく相場が動くと、
利益を出すチャンスを失うことにもなるわけなんですが、
アギトはよく「逆指値」注文を出しおくことが多いです。


相場のサポート・レジスタンスを見極めて、
そこを下抜けあるいは上抜けしたところでポジションを
持つようにあらかじめ注文しておくわけです。


トレンドフォローの手法ですね。


これが結構役に立ちます。


ストップロスも同時に注文しておくので、
損失は限定的。
しかし、レンジやサポートを抜けたときは、
結構相場が大きく動くことがあります。


直後の動きが鈍くても、
しばらくすると大きくポジションの方向へ動くことが
多いです。


今日も、この「逆指値」注文のおかげで、
GBP/JPY、EUR/JPY、EUR/USDで利益を出すことが出来ました。
(いずれもショートですね。)


しかも大きく動いてくれたので、
昨日一日の損失を補っておつりが来る利益になりましたね^^


もちろん、ダマシに合うこともありますが、
この手法は確実にトータルではプラスです。


これだけに絞っていられたら、
恐らく今より遥かに成績がいいと思います・・・
ついつい他の局面でもトレードしてしまうんですがね^^;


それにしても凄い円高ですね・・・


どこまで行くんでしょうか?


アギトはファンダメンタルは全くの無視。
よくわからんし。
チャートのみでトレードしてます。
先入観が入らなくていいのかも知れないですが、
自分は経済事情やその辺の仕組みに疎いので、
常々勉強しようとは思ってるんですが・・・


あまり実行に移せてません><


今週もなんとかプラスの成績で終えることが出来そうですが、
今日の起死回生の挽回のおかげ。
相場が勝手に動いてくれたおかげ。
いつもいつも、相場には驚かされますね。
こんなにも動くもんなのかい、と。


50年に一度、100年に1度、と言われる相場環境らしいですが、
こういう相場が終わってしまうのは悲しいですね・・・
もう少しこのままexitingな環境でトレードしていたいものです。
posted by アギト at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アギトの手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21799500

この記事へのトラックバック