スワップのみを狙ったトレードは絶対にしない:スワップ運用の極意C FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

スワップのみを狙ったトレードは絶対にしない:スワップ運用の極意C

ども、アギトです。


今日は10月29日。


昨日は一気に円安方向へ動きましたが、
最近の急激な円高の動きには本当に驚かされました。
値動きをチャートで見ていると、時々本当に恐くなる時も
ありましたね、僕は。


さて、現在はスキャル&デイトレのみの僕ですが、
自分でこのカテゴリを作った以上、責任を持って記事を
書いていこうと思いますm(_ _;)m


今回の円高を経験しての僕の結論は、


スワップのみを狙ったトレードはありえない


ということです。


円安基調が長らく続き、持ち続けていれば勝手に利益を
出せていた相場環境が一変し、
待てども待てども値は下がる一方。


為替差益の前には、スワップポイントなんて、
正に塵のようなものでした・・・


レバレッジを抑えればいい??
3倍程度なら大丈夫??


そんなの幻想でしたね(__|||) 


AUD/JPYなんて100円台から50円台へ。
GBP/JPYも250円台から130円台へ。


ほんの数ヶ月でこの下がりようです。


FXではトレンドに逆らうのは禁忌


であることが身をもって経験できましたよ。


一体この間に、何年分のスワップポイントが吹き飛んだ
のでしょうか?


いや、吹き飛ばされたのは、スワップポイントではなく、
大切な個々の時間です。


これを取り返すのに、また何年、何十年と時間を費やすのは
あまり得策とはいえないのではないでしょうか?


今回の円高を経験しての、僕の結論。
それは、


スワップはトレンドに乗ったときのおまけ


今のクロス円で言うなら、上昇トレンドに乗り、
為替差益を得ながらなおかつ、スワップをいただく、
ということです。


ええ、ただのスイングトレードですね。


だから、純粋なスワップ運用の極意ではありません。
というより、


スワップ運用に極意なんてない


ことがわかりました。


スワップ運用そのものが幻想であった


と、はっきりわかりました。


もちろん、


「いや、必ずまた値は戻る!」


とおっしゃる方がいるでしょうし、それについては否定は
しませんが、僕が重視するのは、それに費やす時間です。


大切な時間を、そんな非効率的なことに費やすことは、
僕には出来ません。


今後、また上昇トレンドに戻るときが必ず来るでしょう。


その時は、為替差益を狙いながら、おまけでスワップを
いただくスイングトレードを、是非、実践したいですね(^-^)


posted by アギト at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ運用極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22070966

この記事へのトラックバック