あなたの精神状態が心配です:アギトの独り言28 FXから始める資産運用「お医者さんのPerceptive FX」

あなたの精神状態が心配です:アギトの独り言28

今、何気なしに自分のブログを読み返してたんですが・・・


なんだか躁鬱が激しい^^;


というより、頑張ろうとしてるんだけど、
トレードがうまくいかずにへこんでしまってる、
そんな感じが随所に見てとれます。


毎日毎日連勝連勝ならば、さぞかしテンションの高い記事が
並ぶんでしょうが、残念ながら現実はそうはいかず。


最近に至っては連戦連敗で、
時折自暴自棄になることも。


先月2400pips出してからそんなに時間が経っていないのに、


「やっぱり自分にはトレードで利益を出すことは無理なんだ・・」


なんていうマイナス思考がちらほらと顔を出します。


いつでも平常心でトレードできれば、
年間トータルではまずマイナスになることはないでしょう。
ある程度の値動き、トレンドがある限り。


でも、その「平常心でいる」ってことが難しい。
現に自分は何度も何度も同じ失敗をしているにも関わらず、
まったくこのことが守れない。未だに感情的なトレードで
失敗を繰り返している。


最近、もはやこれは直しようがないのではないだろうか?
とも思い始めています。


諦めるか・・・
それは悔しいな・・・
けど、上手い処方箋も見つからない・・・


そんな毎日です。


皆さんはどう考えるか、感じるのかはわからないですけど、
自分にとってトレードって、本当に精神的な部分が大きくて、
どうにも手に負えない印象が出てきました。


そして、これも最近気付いたことなんですが、
トレードすること自体にも、
「疲れている」のではないかと思うんです。


自分はFXが大好きだと思っていたし、
億単位のお金を手に入れるには自分にはFXしかない!
と以前はそう考えていました。


確かにFXはお金を稼ぐには有効な手段だと思います。
特に小資金からお金を増やす手段としては。


だけれども、最近、ここまで苦しい思いをして、
お金を稼ぎたいと思う理由は何なんだ?
と自分に問いかける場面が多くなっています。


それぐらい、トレードで悩んでしまっているんですよね。


トレンドが出ている相場では勝てることは分かりました。
まあトレンドフォローの手法なわけですから当然ですが。
ただ、相場の7割以上を占めると言われるレンジ相場での
対処法が分からず、その状況での連敗に、自分の精神が
持ちこたえられないのが現状です。


・・・


・・・


・・・


と、こんな記事を書いている最中に、
メールボックスに非常にタイムリーなメールが届いてました。


最近、自分のあまりのマイナス思考に嫌気が指し、
「成功」に関してのメルマガをとってたりするんですが、
そのひとつ「Drモルツのデイリーインスピレーション」
の今日のお話は正に今の自分に向けられたような
メッセージでした・・・


そのまま載せますね。


■失敗を乗り越えるには?

From:小川忠洋
品川のスタバより、、、


新しいMACを買ってから3週間がたとうとしている。
あなたが僕と同じタイプの人間なら、きっと、
新しいパソコンのウキウキを覚えているだろう。


しかし、今回は僕はMACに乗り換えてみた。


アップルストアの店員の巧みな話術により、
風雲小川城はあっけなく陥落してしまった。


僕の長いパソコン歴の中でもマックを触るのは
今回が初めてなので、いろいろと使い勝手が違って
最初はやや混乱ぎみで、「使えねー」とか言ってた。


1週目:
シャットダウンの仕方が分からない。
ウィンドウズの左下から出てくるメニューみたいなんが
どこにもない。どこで設定すればいいんだろう?

ソフトをいくつかインストールしたが、
メニューがウィンドウズと違う。と思ったら、
上のバーみたいなんが変わっていてメニューになってる。


2週目:
キーボードが違うので混乱。
いつのまにか、日本語が英語になっている。

ウィンドウズだったら、キーボードの左上の方に
「半角/全角」みたいなボタンがあるのだが、
マックにはそれがない。数字の「1」しかない。

分からないので放置。

2、3日してからいろいろ触っていると、
キーボードのスペースバーに「英数」と「かな」という
ボタンがある。どうやらこれで切り替えるようだ。


3週目:
上にでるメニューバーにも慣れてきた。
ソフトの操作方法もなんとなく定着。
システム系のものがどこにあるかも分かってきた。

もちろん、キーボードも難なく
日本語と英語を切り替えることができる。


そして今。
どうやらマックを使いこなしているようだ。


久しぶりにウィンドウズのPCを触って、
英語と日本語を切り替えようとしたとき、
ついスペースボタンの横のボタンを押してしまった。
親指が勝手に動いたのだ。


この話は、あなたにとっても僕にとっても
何の変哲もない普通の話だ。


しかし、この話の裏で動いている
メカニズムはとても重要であなたや僕の人生を支配する。


マックを操作している時に、
僕は何度も間違いを繰り返している。
英語とかなの切り替えボタンもどこにあるのか
いちいち見ないと分からない状態だった。


しかし、それが今では意識的になにも考えなくても
自然に親指が動くようになっている。

間違った経験は忘れて、
うまくいった経験だけをリプレイしてるのだ。


僕らの学習プロセスは
全てこんな感じで進んでいく。


新しいスキルを学ぶ時、
新しい仕事にチャレンジする時、
最初は間違いだらけだけど、

脳が勝手にその間違いの経験を忘れ、
成功の経験だけを呼び戻してくれる。


自然に成功する事ができる
というのはこういう意味なのだ。


だから、新しい事にチャレンジする時、
いくらたくさんの間違いをおかしたって、
いくらたくさん失敗したって、
いちいち落ち込むのは時間の無駄だ。


いずれできるようになるんだから。


あなただって、マックの英語とかなのボタンを
何回間違えようと、落ち込んだりしないでしょ?
だから、最終的に上手くいくんだ。


間違いも失敗も
必要なプロセスの一部。


小川忠洋



いちいち落ち込むのは時間の無駄だ。
いずれできるようになるんだから。



僕も・・・


いつかはFXトレードで利益を上げ続けることが


「できる」


ようになるんでしょうか。


今分かっているのは、自分が落ち込んでいるということ。
元気がないということ。
余裕のある精神状態ではない、ということ。


もっと気楽に構えることが必要ですね。
FXであまり思い悩まない。


もう少し違ったことにも目を向けて、
気分転換を図りたいと思います。


今日は本当は、愚痴満載のメールで終始するはずだったんですが、
思わぬタイムリーなメールに、少し心が助けられました。


感謝しないといけませんね。


posted by アギト at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アギトの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23119204

この記事へのトラックバック